スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2013 Rd.2 マレーシアGP

ベッテル優勝

雨まじりのスタートで始まったマレーシア。ルーキーも多いし、スタートで波乱必至かと思ったら、意外や意外。アロンソがチョイミスからのウイング脱落でリタイヤしただけで無事でした。

タイヤ交換のからみで順位変動が大きかったが、落ち着きだすとレッドブルの1-2 メルセデスの3-4と安定。
ただ、チームオーダーをまもったメルセデスと、やぶってウェバーを強引にぬいたベッテルと対照的。
ベッテルはレース後謝っていたけど、今後に影響がなければいいけど。



スポンサーサイト
F1 | 2013-03-25(Mon) 22:34:54 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2013 Rd.1 オーストラリアGP

ライコネン優勝

日本人ドライバーがいない寂しさがありますが、13年シーズンが始まりました。
今年も引き続きライコネンとバトンを応援していこうと思っていたのですが、そのライコネンが幸先良く優勝しました。
昨年のドライバーズ1-2-3位がオーストラリアで3-2-1というリザルトで、今シーズンの主役たちになるのではないかと思います。
ロータスのタイヤの持ちがとてもよかったけど、それが気温が高かったりパーマネントサーキットでどうなるのか?またブランニューのマクラーレンが速くなるのはいつなのか?
来週すぐにマレーシアですが、さすがに期間がみじかいので開発できるものもないと思います。

ライコネン、シャンパンファイトの前にいきなり酒を飲みだしましたねw
もっと飲みたかったんだろうけどベッテルに邪魔されてたw

F1 | 2013-03-17(Sun) 21:56:44 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.20 ブラジルGP

ベッテル3年連続チャンピオン達成!

バトン最終戦を制す


前線のアメリカに続き最終戦もTV放送が1日ずれるので、日中のネットに気を使う一日を過ごしました。
とくにチャンピオン決定がかかったレースで結果バレしたらショックがデカいですし。

まあ、おかげさまで新鮮な気持ちでレース中継を見ることができました。
最終戦の雨のブラジルとなると、波乱の結末が待ってそう。
まさにそのとおりでベッテルがスタートで多重クラッシュにまきこまれて(当事者?)最後尾に落ちてしまうんだから。それでもそんな中でもマシーンにダメージがありながらもリタイアしなかったのは、やっぱり今年チャンピオンになる男だったんだなぁって思いますね。最後のセーフティカーが入ってゴールを迎えるのもそう。あれでバトンの優勝が確定したんだから。
またヒュルケンベルグの快走もすごかった。レースにタラレバ言っても仕方がないけど、最初のセーフティカー導入がヒュルケンベルグの初優勝への流れを奪ったと思いますね。
可夢偉もポイントを取ったしシューマッハも運命的な7で締めくくったし(初出場のベルギーで7番手スタートで7回チャンピオンになってカーナンバーが7でラストレースが7位)、アロンソも最大限できるうる結果をのこしたしいい最終戦でしたね。

可夢偉の去就が気になりますが、来シーズンもF1に残ってくれると期待したいです。

F1 | 2012-11-27(Tue) 21:37:20 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.18 アブダビGP

ライコネン復帰後初勝利!

前半の活躍からするともっと早く勝てるかと思ってたんだけど、やっと勝てた!今年はわりとひいき目で応援していたのでうれしいです。

ハミルトンは不運だったけど、イロイロ荒れたレースだったし、最後4人のチャンピオンによるバトルは面白かったね。
最後尾からベッテルが3位獲得して2位アロンソとのチャンピオン争いが楽しみです。
可夢偉もペースが上がらない中6位入賞したのもよかった。
同日に日本では一貴がFポンのチャンピオンになりました。

F1 | 2012-11-06(Tue) 00:45:58 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.17 インドGP

ベッテルのがっちがちの堅いレースでしたね。
アロンソが2位にはいって大きくはなされるのを防いだけど、よっぽどがないかぎりベッテルの3連覇が堅そう。

F1 | 2012-10-29(Mon) 21:02:41 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.16韓国GP

ベッテルが3連勝でアロンソを逆転。2位にウェバー、3位にアロンソ

今シーズン3連勝も同一チームのワンツーフィニッシュも初めて。

ここ最近のレッドブルの活躍をみるとこのままベッテルが3年連続チャンピオンになりそうな勢いですな

F1 | 2012-10-15(Mon) 22:32:40 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.15日本GP

可夢偉3位!


うおおおおおおおおお!
すげえええええ!

とうとうやってくれましたよ、この鈴鹿で!
予選3番手からのスタートでまた失敗するかとドキドキしていたら、なんと2位にポジションアップするし!
1回目のピットストップを終えたらマッサが前にでていてびっくり!なにも日本GPで復調しなくても。2004年のラルフを思い出すよ。

終盤はもう祈るばかり。このプレッシャーから逃れるために、ネットでレース結果を見ようかと思うほど。
バトンもぴったり後ろについてくるし!
最後のシケインや最終コーナーがどうなっているのか気になっていたのにTVはマッサのオンボード映像だし。

表彰台の日の丸もよかった。強い日本人の表彰台が見れてうれしいです。

F1 | 2012-10-07(Sun) 23:56:57 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.14シンガポールGP

ハミルトンがまさかのリタイア。
代わってベッテルが長い2時間レースを制した。
2位にはバトン、3位にはポイントリーダーのアロンソがはいりポイントを重ねた。

次戦は日本。
ペレスがマクラーレンに移籍し、ハミルトンがメルセデスに移籍。シューマッハはこのまま引退か?



F1 | 2012-09-29(Sat) 17:08:38 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.13イタリアGP

ハミルトン圧勝 バトンが続くかと思ったらリタリア。
ベッテルにウェバーもリタイアと接触以外でリタイア。
フェラーリのアロンソ・マッサが表彰台のわきをかためるかと思えばペレスがごぼう抜きで2位ゲット。
可夢偉もペースが上がらないものの、周りがリタイアしたから何とかポイントゲットしたって感じかな。


F1 | 2012-09-12(Wed) 21:16:37 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.12ベルギーGP

日曜の朝からそわそわしたこの気持ちを返せって感じ。

F1 | 2012-09-06(Thu) 19:21:17 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.11ハンガリーGP

ハミルトン2勝目

先週のホッケンハイムとは打って変わって低速サーキットのハンガロリンク。
調子をあげてきたマクラーレンのハミルトンがPPから優勝。ライコネンが終盤追い上げていたが抜けないサーキットということで順位は変わらず。3位のグロージャンともどもなかなか優勝できないロータス。
ポイントリーダーのアロンソとライバルウェバーもポイントを重ねたものの見せ場なし。
可夢偉もまったくマシンが走らなかった。

今年は8月まるまるF1はなし。

F1 | 2012-07-31(Tue) 23:49:14 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.10ドイツGP

アロンソ3勝目

アロンソがポールトゥウィンで3勝目をあげ、チャンピオンシップでポイントをひろげた
ラスト2周でバトンを交わしたベッテルが2位のポディウムにのぼったがそのパスした時の状況がペナルティとなり20秒加算され、2位にバトン、3位にライコネンとなった。
そして4位には可夢偉が自己最高順位となった。


F1 | 2012-07-23(Mon) 20:49:41 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.9イギリスGP

ウェバー2勝目

PPから終盤までレースを支配していたアロンソをかわしたウェバーが優勝。ランキング2位に上がった。
3位にはベッテル、4位に最近調子をあげてきたマッサ。
可夢偉はポイント圏内まで順位をあげたものの、2回目のピットインの時にクルーを跳ねてタイムロスでポイント圏外になってしまった。

F1 | 2012-07-11(Wed) 21:22:51 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.8ヨーロッパGP

アロンソ 2勝目を母国で

ド安定のスペイン、バレンシアが波乱の舞台になりました。
予選11番手のアロンソが地元で劇的な優勝、2位ライコネンがはいり3位には復帰後初の表彰台となったシューマッハ。新旧フェラーリドライバーが表彰台を独占しました。

レースはPPからこのコース3連覇をめざすベッテルが終始レースをコントロールしていたが、終盤にマシントラブルでリタイア。かわってトップに立ったアロンソをおいあげていたグロージャンもリタイア。表彰台圏内を争っていたハミルトンがペースダウンしたところでバトルをしていたマルドナドと接触というドタバタがありました。
予選7位でスタートで4位にジャンプアップした可夢偉もマッサと接触でリタイアとなってしまった。

F1 | 2012-06-26(Tue) 00:03:46 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.7 カナダGP

7人目のウイナーはハミルトン

開幕から毎戦優勝者が違っていますが、今回はハミルトンが優勝しました。
とはいえ、今年はじめて安定した結果になるかという川井さんの予想があり、そんな予兆もあったのですが、アロンソとベッテルがワンストップに賭けて失敗。2位にグロージャン、3位にペレスという結果に。
可夢偉も9位入賞したんだけど、予選で可夢偉の後ろだったペレスが3位というとちょっと悔しいですね。
ドライバーズランキング11位までで7人が優勝者。残る4人がロータスとザウバー。そろそろライコネンに優勝してもらいたいと思っているのですが、無理かな~

いよいよ次戦で2勝目のドライバーが出そうです。

F1 | 2012-06-12(Tue) 23:40:53 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.6 モナコGP

6人目のウィナーはウェバー

今年6戦目にして6人目の優勝はレッドブルのウェバーが、ポールトゥウィンで決めました。
PPは本来ならシューマッハだったが、前回のセナへの追突で5グリット降格のペナルティが残念。おかげでスタートでグロージャンと接触し、可夢偉まで巻き添えになるハメに。
レースは途中雨が降ると予想されていたが、時期が遅れたうえに量もレインタイヤを履くほどでもなかったが、ウェバーから6位のマッサまで数珠つなぎのままの後半戦はヒヤヒヤもんでしたが、誰も大きなミスをせず、順位がそのままという結果でした。

ドライバーは6人目だけどチームはレッドブルが2勝目でした。

F1 | 2012-05-28(Mon) 22:58:42 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.5 スペインGP

マルドナド初優勝!

もう、ぜんぜん今シーズンの予想がつかないですね。
5戦目で5人目のウイナーで5チーム目。見る側にとってはエキサイティングなシーズンになっています。
ただ、今回マルドナドの優勝はびっくりだったけど、PPから優勝っていうのは今季初。ハミルトンのPP失格だったとはいえ、今回のコースと気温はマルドナドに合っていたということですね。

フランク・ウイリアムズの70歳のバースデーのウィークエンドに7年ぶりに優勝というプレゼントは何よりも大きいし、ベネズエラ初のグランプリウィナーの誕生となりました。
レース後の火事は非常に残念でかわいそうですが、重傷者がでなかったのは不幸中の幸いか。

可夢偉も自己ベストタイの5位だったし、レース中にバトンやロズベルグをパスするところなど、ガッツのある走りを見せてもらえたので、今シーズンなら表彰台だって不可能じゃないとおもえます。

F1 | 2012-05-15(Tue) 22:15:24 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.4 バーレーンGP

ベッテル優勝!

今季4戦目で4人目のウイナー誕生。混戦の今年を象徴するようなリザルトでした。前回好調だったメルセデスやマクラーレンに代わってレッドブルとロータスが速かったですね。
ライコネンが勝ってほしいなあと応援していたけど、残念ながらベッテルの逃げ切り。
1週間前はメルセデスエンジンが1-4独占で今回はルノーエンジンが1-4独占。グロージャンも初表彰台というおめでたい結果でした。
可夢偉は予選も中段でリザルトも中段と失速組でした。

これからヨーロッパラウンドに行きますが、これからの勢力図がどうなるか楽しみです。

F1 | 2012-04-24(Tue) 23:32:18 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.3 中国GP

ロズベルグ初優勝! 可夢偉失速

ロズベルグが初ポールから危なげないレース展開で初優勝をかざりました。メルセデスもチームとしては1955年以来となります。
可夢偉は予選3番手からのスタートで、ひょっとしたら…という期待をもってスタートを待っていたら、まさかのスタートで失速。レース戦略もいまいちで10位という残念な結果に。

しかしレースは非常に面白かったです。シューマッハももしかしたら表彰台にあがるかも?っていう展開だったし、ライコネンの熱いはしりもよかったです。



F1 | 2012-04-16(Mon) 21:26:59 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.2 マレーシアGP

アロンソ優勝! ペレス2位

連ちゃんでおこなわれたF1は雨の波乱なレースになりました。
赤旗中断もあるような最悪なコンディションだったわりにリタイアは2台というのはちょっと意外。
それでもトップのアロンソと2位のペレスというリザルトは驚き!
ペレスなんてアロンソより早かったけど、ミスで抜けずに2位になったけど、惜しかったなあ。
可夢偉がこのポジションだったら日本中が大興奮だったのにな。
残念ながら2台のリタイヤの一台が可夢偉という残念な結果に。
すっかりペレスに評価も持って行かれちゃいましたね。あっちはフェラーリの候補にもなってるし。


F1 | 2012-03-26(Mon) 23:14:42 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2012 Rd.1 オーストラリアGP

バトン優勝! 波乱のファイナルラップ


今シーズンの開幕戦が始まりました。
今年からBSでの中継となったF1。これで出張中にF1があったら見ることができないハメに。
BSになったおかげで久々に今宮さんの解説が聞けた。川井ちゃんはあいかわらずにぎやか。森脇さんはちょっと遠慮勝ちだったのかな?

レースは2位スタートのバトンがスタートでハミルトンをかわして1コーナーを抜けると安定した走りで優勝!
2位にピット戦略でハミルトンを交わしたベッテル、3位にPPのハミルトン。4位にウェバーとマクラーレン・レッドブルが今年も強いと予感させられた。
予選3位のルノーのグロージャンはスタートで順位を落とし、予選4位のシューマッハが3位を走行するもリタイヤ。予選下位に沈んだアロンソが5位。後ろには意外と好調だったウイリアムズのマルドナドがファイナルラップでスピンしクラッシュ!その後ろからきたペレスが破片を避けるときに後ろからきていたロズベルグと接触。結局ファイナルラップ9位で突入した可夢偉が6位。7位にライコネン、8位にペレス、9位トロロッソのリカルド、10位にフォースインディアのディ・レスタが入賞した。

F1 | 2012-03-18(Sun) 21:52:01 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第15戦日本GP

バトン優勝・ベッテルチャンピオン!

バトンを応援していたので、この結果には満足。
久々の鈴鹿でのチャンピオン決定でベッテルが2連覇。
可夢偉は予選7位と期待したが、スタートで躓いて13位。逆に予選下位のチームメイトが8位入賞と皮肉な結果に。
DRSがあったのでオーバーテイクがあったけど、やっぱ抜きにくいサーキットの印象。



F1 | 2011-10-12(Wed) 00:52:30 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第12戦ベルギーGP

ベッテル優勝

夏休み明けにおこなわれたベルギーGP。予選中の雨とはちがい、気温は低いもののドライコンディションでスタート。
レースはベッテルが久々の優勝。ウェバーと1-2フィニッシュ。3位に予選下位に沈んだバトンが戦略を見事にきめた。
気温の低さからペースがあがらなかったアロンソが4位。20周年記念GPのシューマッハが予選最後尾から5位入賞。ロケットスタートで首位を走ったロズベルグは6位。7位以降はスーティル、マッサ、ペトロフ、マルドナドという結果。
可夢偉はハミルトンに追突され、セーフティカーが導入されたが、ピットとのコミュニケーションがうまくいかず、12位と沈んだ。

F1 | 2011-08-31(Wed) 21:58:17 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第11戦ハンガリーGP

バトン優勝

可夢偉11位


ウエットコンディションでスタートしたハンガリーグランプリ。久々ポールをとったベッテルだったが、序盤にハミルトンがトップにたった。
終盤また小雨がふるとトップのハミルトンがスピン。2位のバトンとの差が縮まった上にドーナツターンでディレスタの進路妨害でペナルティをうけるとタイヤ選択のミスジャッジで4位まで挽回するのがやっと。
状況めまぐるしく変わるレースに強いバトンが初優勝の地と200戦目のメモリアルレースを完璧な走りで今季2勝目をあげた。
ベッテルも2位につけ選手権で85ポイントの差をつけて夏休みをむかえる。3位のアロンソはフェラーリにあったコースだったが、気温の低下によりタイヤパフォーマンスを発揮できずにいた。
一方可夢偉はあいかわらずみごとなスタートを決めポイント圏内を走行していたものの、チームのタイヤ戦略がかみ合わずポイントが滑り落ちていった。

これからF1は夏休みを迎え、次戦は今月28日に開催される。


F1 | 2011-08-02(Tue) 22:53:54 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第9戦イギリスGP

アロンソ優勝

可夢偉今シーズン初リタイア



ピットの改修されたシルバーストーンで行われたイギリスGP、スタート前に振った雨の影響であがっていたもののレインタイヤでのスタートとなった。
ベッテルが中盤までレースをリードしていたものの、ピットストップ時にタイヤ交換に手間取りアロンソがトップにたった。60年前ホセ・ゴンザレスがドライブするフェラーリが初優勝した地で今シーズンの初優勝を遂げた。
一方予選8位と期待された可夢偉はシューマッハにぶつけられたり、、ピットストップでペナルティをうけたり、ペースが上がらず散々で結局は今シーズン初のリタイア。同僚ペレスが9位入賞する結果を残したなかで残念な結果となった。

優勝を逃したとはいえ、圧倒的なリードを誇るベッテル。レギュレーションの変更で少しは面白くなるのだろうか?



1 F.アロンソ フェラーリ

2 S.ベッテル レッドブル

3 M.ウェバー レッドブル

4 L.ハミルトン マクラーレン

5 F.マッサ フェラーリ

6 N.ロズベルグ メルセデスGP

7 S.ペレス ザウバー

8 N.ハイドフェルド ルノー

9 M.シューマッハ メルセデスGP

10 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ

F1 | 2011-07-13(Wed) 23:05:16 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第8戦ヨーロッパGP

ベッテル優勝

可夢偉、今シーズン初の入賞圏外


スペインのカタロニアの市街地で行われたヨーロッパGPはリタイヤなしの全台完走という2005年イタリアGP以来の出来事で、ある意味波乱のないレースだった。
優勝したベッテルは選手権2位と3位のバトン、ウェバーに77Pもはなしており、よほどのことがない限りチャンピオンの連覇がきまりそうだ。


1 S.ベッテル

2 F.アロンソ

3 M.ウェバー

4 L.ハミルトン

5 F.マッサ

6 J.バトン

7 N.ロズベルグ

8 J.アルグエルスアリ

9 A.スーティル

10 N.ハイドフェルド

F1 | 2011-06-28(Tue) 23:14:25 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第7戦カナダGP

バトン優勝!

可夢偉7位入賞

いや~ビックリ。やっぱナマで長引くとこういう恐れがあるんですよね。

こんな形でF1が見れなかったなんて初めて。

寝ずに見ていた人はどうだったんだろう?
自分は録画して早朝に起きて見出したんだけど、2時間の赤旗中断のせいで放送時間終了になるなんて驚き。
しかも可夢偉が2位で再スタート直前というドキドキした状態だったんだからタチが悪い。

仕方がないからネットで確認したらこんな結果に。


1 J.バトン マクラーレン

2 S.ベッテル レッドブル

3 M.ウェバー レッドブル

4 M.シューマッハ メルセデスGP

5 V.ペトロフ ルノー

6 F.マッサ フェラーリ

7 小林 可夢偉 ザウバー

8 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ

9 R.バリチェロ ウィリアムズ

10 S.ブエミ トロ・ロッソ

あれからいっぱい波乱があったみたいですね。ラストでミスしたベッテルをバトンがかわしたらしいです。
可夢偉も路面が乾いてペースが上がらず接触もあったみたいで、他のドライバーのコメントに可夢偉の名前があがっていました。
しかし、なんだかいろんな意味で残念なGPでした。


F1 | 2011-06-13(Mon) 21:35:24 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第6戦モナコGP

ベッテル優勝!

可夢偉自己最高5位

抜けないモナコがKERSとDRSでどう変わるのか注目だったが、ピレリタイヤの耐久力という要素も加えられ、とても面白いレースだった。
途中SCカーの導入がバトンの優勝のチャンスを奪ったようにもみえたが、ベッテル・バトン・アロンソのトップ争いは面白かったし、ハミルトンがらみのバトル、そして可夢偉の活躍がとてもよかったと思う。最後のペトロフのクラッシュの時は、そのまま終了になってくれたら可夢偉が4位でよかったのにとおもわなくもないけど。

1 S.ベッテル レッドブル

2 F.アロンソ フェラーリ

3 J.バトン マクラーレン

4 M.ウェバー レッドブル

5 小林 可夢偉 ザウバー

6 L.ハミルトン マクラーレン

7 A.スーティル フォースインディア

8 N.ハイドフェルド ルノー

9 R.バリチェロ ウィリアムズ

10 S.ブエミ トロ・ロッソ 

F1 | 2011-05-30(Mon) 13:39:55 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第5戦スペインGP

ベッテル優勝

可夢偉連続ポイント


ポールポジションの優勝確率の高いっていうか、神がかり的なジンクスを打ち破っての優勝は見事なものです。スタートで地元のアロンソがトップにたったものの、レースペースではレッドブルとマクラーレンにはかなわないという悲しさ。スタートで接触し、タイヤ交換を余儀なくされ最後尾におちた可夢偉がタイヤをフルにつかいきり、見事10位入賞を果たし、9位でゴールしたチームメイトのペレスともどもザウバーが今期開幕の失格以来ダブル入賞をはたした。

1 S.ベッテル レッドブル

2 L.ハミルトン マクラーレン

3 J.バトン マクラーレン

4 M.ウェバー レッドブル

5 F.アロンソ フェラーリ

6 M.シューマッハ メルセデスGP

7 N.ロズベルグ メルセデスGP

8 N.ハイドフェルド ルノー

9 S.ペレス ザウバー

10 小林 可夢偉 ザウバー

F1 | 2011-05-24(Tue) 22:48:36 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP2011第4戦トルコGP

ベッテル楽勝

可夢偉怒涛の追い上げ


3週間ぶりのF1はトルコからヨーロッパラウンドにうつります。
タイヤに厳しいこのコース、ほとんどの車が予定の3ストップから4ストップ作戦に変更した。
そんななか4戦連続PPからスタートのベッテル余裕の走りで優勝。ウェバーとともにレッドブルの1-2を決めた。
3位にひさびさフェラーリのアロンソが表彰台に上った。
予選中のトラブルで最後尾からスタートの可夢偉は力強い走りをみせ、10位入賞を果たした。


1 S.ベッテル レッドブル

2 M.ウェバー レッドブル

3 F.アロンソ フェラーリ

4 L.ハミルトン マクラーレン

5 N.ロズベルグ メルセデスGP

6 J.バトン マクラーレン

7 N.ハイドフェルド ルノー

8 V.ペトロフ ルノー

9 S.ブエミ トロ・ロッソ

10 小林 可夢偉 ザウバー

F1 | 2011-05-11(Wed) 09:21:39 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。