スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

スピッツと紅葉

日曜日は珍しく天気もよく暖かかったので、犬たちを連れてドライブに行ってきました。

20071029.jpg

朝里方面から定山渓に抜ける道道1号線の旅。札幌にいながら小樽周りというのは、我家は札幌の辺境にあるからです。朝里スカイループとよばれる空に上っていくような橋を登ると朝里ダムがあり、その裏には人工の湖オタルナイ湖があります。湖畔には公園があり、犬の散歩としてはとてもいい散歩コースであったりもします。
いや~紅葉がキレイ!

20071030213512.jpg
落ち葉と犬たち。チョロ子なのでなかなかいい写真が撮れません。

ここの公園でスピッツに会いました。小樽在住のコロン君2歳です。残念ながら写真を撮るのを忘れてしまいましたが、クイントとそんなに変わらない歳なのに2回りくらい大きくて毛もフサフサ。いかにもスピッツって感じでうらやましかったです。

バトンは最近中途半端に大人顔になったおかげでかわいらしさがなくなってしまいました。毛がまだ子供でゴアゴアしてるし、早く大人にならないかな~


スポンサーサイト
クイント&バトン(日本スピッツ) | 2007-10-30(Tue) 21:51:35 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

ガンダム00第4話 対外折衝

ようやく世間に追いついた!
っていうことで1週遅れの地域もあるから、大した内容もないけど、ネタバレになるかもしれないので分けますか。

“ガンダム00第4話 対外折衝”の続きを読む>>
ガンダム00 | 2007-10-29(Mon) 13:00:37 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

ガンダム00第3話 変わる世界

1週おくれで見ました。
今回はようやくガンダムマイスターたちのパイロットスーツ以外の姿が見れませた。
それからガンダムの特殊性とそれぞれの思惑がちらっと判るようになりました。
しかし主人公は暗いですね~おまえはキリコか!これで物語をひっぱっていけるのだろうか?

けどだんだん面白いと感じるようになりました。

ガンダム00 | 2007-10-28(Sun) 21:40:38 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

カールさんのRCの履歴

ずっと前から書こうと思って放置していた今まで買ったRCたち。こういう記録を残しておくと後でなにかと役にたつもんで。脳の退行が顕著に現れてますからね。

しかし、このカテゴリーってブログを始めたときに3つ書いたっきりだったんだ~と今読み返してわかりました。そんな多趣味じゃないからあんまりのびないんだけど、「カールさんの買ったマンガの履歴」とか「カールさんが見たOVAの履歴」とか「カールさんが買ったゲームの履歴」とかできそうなもんだけど。絶対ムリなのが「カールさんのガンプラの履歴」ですね。5百はいっていると思うんだけど。ザクと名の付くものだけで百個は余裕で越えているから。

それはさておき本題です。

“カールさんのRCの履歴”の続きを読む>>
管理人の趣味の履歴 | 2007-10-24(Wed) 23:09:34 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

帰ってきたけどネタもない

昨日3週間ぶりに出張から帰ってきました。クイントの熱烈歓迎はいつもの通り。初めてのバトン思ったほどではなかったかな?
バトンは成長していて、鼻先が長くなったけど、毛がまだ短いので、とてもスピッツには見えません。「あんた誰?」って感じです。はやくふっさふさになんないかな~。いまが一番ブサイクかもしれませんね。

今日は休みだったのですが、半日寝てたし、家から一歩も外にもでていません。ちょっと風邪ぎみだし、体が重いしで。ガンダムの第2話は見たので感想を追記しています。3話は録画していなかったようなので、週末ギャオで3話をみてから4話も見ようかと思っています。

今回は下半期の大きな会議があるため、明日からまた仕事です。週末は犬たちをつれてドライブでもいきたいですね。


日記 | 2007-10-23(Tue) 23:08:23 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

F1GP第17戦ブラジルGP決勝

ライコネンチャンピオン!

こんな結末、誰が予想できた?
まるでライコネンが主人公の映画のようだ。
開幕戦優勝とその後の失速。終盤の脅威の追い上げ。ラス前2戦の雨の波乱。実際映画を作ろうとしてもこんなストーリを誰が書けるだろうか?
ライコネンとハミルトン、アロンソが1ポイント差でシーズンを終えるだなんて。

過去20年F1を見てきてこんなチャンピオン決定のレースは初めて!
後味の悪いチャンピオン決定シーン(セナプロ・シューヒルなど)は幾度となく見てきました。でもこんなレースは初めて。たしかにハミルトンのトラブルがなければ…なんてこともいえますが、こういうことがあるのがレース。タラレバは通用しない。
ハミルトンは凄かった。
アロンソは強かった。
でも、最後はライコネン。このままチャンピオンとれずに引退したら、もっともチャンピオンの女神に見放された男となっていたかもしれません。
でもライコネンは勝った。年間最多勝もとったのだから間違いなくライコネンがチャンピオンだ。
今年のF1は本当に面白かった。

来年も面白いレースを期待したいです。できればその中にホンダもまぜてやってください。

F1 | 2007-10-22(Mon) 03:10:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

スコープドッグ⑦

日ハム勝ちました!
どうなることかと思いましたが勝ててよかったです。相手はやっぱ巨人がいいですね。小笠原との対決もそうですが、東京ドームはかつての本拠地ですから、ある意味ホームの感覚になれるから。またセール荒らしにいかないと!

さてスコープドック完成直前です。
というのも、つや消しをかけるのは家に帰ってからエアブラシでやりたいと思うので。だからこれで完成と思っていただいて間違いないです。
20071019023827.jpg

20071019023839.jpg

20071019023816.jpg

20071018.jpg
ホテルの照明だからイマイチ色味がわからないですよね。正直自分もよくわかっていません。だから家に帰ったらクリアーの前に修正をかけないといけないかもしれませんね。


ボトムズ | 2007-10-19(Fri) 02:42:23 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

ついていけなきゃそれでいいじゃん。

ハハルさんより情報を頂いたため、ガンダムOOの第一話を見ることができました。ありがとうございます。
で、第一話の感想を追記したので、暇な方はカールさんのあまりにかたよった思想の感想を見てやってください。
ブーイングの嵐は間違いない!

ガンダムUCの小説読んでないけど、自分みたいなのにはきっとこっちの方が合ってるし面白いんじゃない?

日記 | 2007-10-15(Mon) 01:51:17 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

ガンダム00第2話 ガンダムマイスター

はやいもんでもうガンダムの放送日なんですね。
先週はワンセグの録画に失敗しましたが今回はばっちり!

のはずだったんですけどね~
なんでだろ。
神が私に見せないように仕組んでいるのか?
テスト録画のくだらないのはしっかり録画できるんですが、見たいと思うものは全て失敗。
せっかくだから最終話までこれでいっていですか?
一回も放送みないで50話記事を書く。
ダメ?
そうですよね。来週こそ!
とりあえず今回もカミさんに録画していただけたので、出張から帰ったら見れるんですけど、あんまり面白くないかも…

10/23作品感想UP

またもや一週遅れで見ました。
今回はオープニングで舞台設定となる世界観が紹介されていました、古谷徹によって。あのしゃべり方されるとカーグラフィックTVを連想してしまいます。
これがガンダム以外の作品なら、地球によく似た惑星の世界扮装ということになるのですが、未来の地球をベースにしていると、妙に血生臭くなりますね。
独立戦争だとか、政府の圧制からの脱却を図るゲリラだとか、新しい人種の解放だとかだと、一本筋の通ったストーリー展開になって結末が予想されるのですが、この作品はこれからどこに向かうのか予想が立ちません。
要約すると、世界の紛争すべてに軍事介入して世界の標的を自分たちに向けさせるのが狙いらしいですが、「そんなんで戦争がなくなるわけねーじゃん」っていう視聴者の声を日本の雑誌記者(?)が代弁する形になっています。
複雑な政治がらみのストーリーにすると、一歩間違えれば大失敗に繋がる設定をあえてやってきているので、今後の展開がある意味気になります。
最強にMSを出して、各国のMSを一世代前にすることで、対抗するMSの製造で死の商人がガバガバもうけて経済が活性化し、戦争による人口減少で食料や資源問題も一気に解決。なんて事ではないですよね?

MSの戦闘シーンは新旧の力の差がはっきりでるような演出でよかったんではないでしょうか。見せ方もガンダムがかっこよく見えるような構図となっているし。しかし、ハロもとうとうMSを操縦できる地位にきたんですね。人間が射撃に集中してハロがMSを制御するなんて。

キャラがもう少し個性をだしてくれたらいいんですけど、まだ2話だからこんなもんかな?



ガンダム00 | 2007-10-14(Sun) 00:49:18 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

スコープドッグ⑥

組み立てが終了しました。
20071013.jpg

まだ下半身のスミ入れとウォッシングが出来ていません。それができたら全体的に汚しをして、マーキング>トップコートの予定です。
いや、このキットかなりいいです。旧タカラの1/24は間違えなく神なのですが、あれとはまた違うベクトルで神だと思いますね。作っていても楽しいし、できあがりのプロポーションがまたいい。昔のキットとは違いポーズの幅も広いし。
今回のこだわりとして、塗装前提だからABSのパーツを極力少なくしているところと、ボトムズの世界観ゆえにボールジョイントを手首以外は使わなかったというところにも好感がもてます。ただ惜しむらくは素材のためか、指の第一関節が動かないところですね。平手でポーズをとらせたいのにちょっと残念。スコープのジュエルシールもいいですね。ガンプラもモノアイはコイツにしてくれればHアイズをつかわずにすむのにね。

20071013015158.jpg
生まれて初めての降着ポーズですウエーブのキットとか買ったことがないから降着ポーズを実際やるのは初めて。昔あこがれていましたよ。当時もダイキャストモデルではできたけど、もっていなかったし。

偏見ですが、ボトムズ見てた人ならゲルググ2.0なんて買わないでスコープドッグ買って下さい。そして自分専用のスコープドッグをイメージして製作するのです。説明書にも「自分が乗るためのスコープドッグ」をチューンナップしていく想定で製作云々と書いてあります。今回自分はカラーリングのみでしたが、技術のある方ならかなり自分をだせるキットだと思います。ボトムズやザブングルのメカってガンダムと違って設定に頭でっかちにならないで楽しめるのがいいです。

あとは背中のオプションがどう発展していくのか楽しみですね。理想はレッドショルダーセットやラウンドムーバー&パラシュートザックセットみたいにオプションだけで販売して欲しいけど、キットと同梱になるんだろうなぁ

ボトムズ | 2007-10-13(Sat) 02:13:48 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

中嶋一貴最終スポット参戦

ウイリアムズのA.ブルツの引退を受け、テストドライバーの中嶋一貴がブラジルGPに出走することになりました。
ウイリアムズは最終戦二人のドライバーとも2世ドライバーという面白い布陣になります。
自分はベルガーファンですが、中嶋悟は別格で特別な思いで応援していたので、その息子がF1を走るというのは感慨深いです。
世界で22人しか走れないF1で3人が日本人というのはとてもすごいことだと思いますね。いったい何時以来なんでしょう?3人エントリーしていてもだれか予選落ちしていた気がするからな~

チーム力の低い琢磨、左近に比べて一貴はウイリアムズですからね。きちんとはしらせられたら日本人最高位はもちろんポイントも夢ではないと思います。

来期のテストではないので、そのままウイリアムズのシートに座れる可能性は低いとは思いますが、走りをアピールしてもらいたいですね。

ウイリアムズのシートの有力はやっぱりピケJr.でしょう。ロズベルグがマクラーレンにいったらラルフの復帰もあるかも?ラルフはスパイカーかプロドライブあたりにひっかかるかな?ってところだけど、アロンソが無事ルノーに復帰した場合、フィジケラは引退の危機です。アロンソのマクラーレンに対する違約金を払えるのはブリアトーレ以外いないと思うので、ルノー復帰がかなわなかった場合、一年間休養するかもしれませんね。

F1 | 2007-10-12(Fri) 10:21:03 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

時間つぶし

毎日3時から仕事なのですが、昼ぐらいでホテルを出されるので出勤まで時間つぶしをしないといけません。だいたい模型店いったり仕事関係の買い物なんかをしていたりするのですが、毎日あるわけじゃないし、ラジコンしようと思って公園さがしたりもするのですが、人がいたりして必ずできるわけでもないしってことで、ここ数日古本屋にいっています。
なるべくお金を使いたくないので、タダで時間つぶしができるから。
だいたい古本屋いっても雑誌コーナーで模型誌を見たり、かつて持っていたマンガを読んだりします。とくに北斗の拳の最終巻は見るたびに泣けてこまります。涙腺の緩んだ30過ぎのおっさんにはバットがまぶしすぎて…
そんなこともあって、模型誌のフォギュアコーナーでよく目にする、ティーンエイジャーに人気な(?)「なんちゃらの憂鬱」と「灼眼のなんちゃら」のコミックスを読んでみました。どちらも原作はノベライズなんだけど、活字離れが久しいのでマンガの方です。
で、読んでみて…

おかしい…?
なんでだろ?良さがわからん。
とくに「なんちゃらの憂鬱」の方はいろんな好みの人間に感情移入しやすいように、どれかが当てはまるようにキャラを並べて、むちゃくちゃな設定と小難しい言葉の羅列を含んだ爽快学園活劇って感じで、15年前の自分ならよろこびそうな感じなんだけどなあ。
「灼眼のなんちゃら」の方も読んでいて舌を噛みそうな名前の世界やキャラや技やら装備やらで、理論武装した人間と話しているような感覚に襲われるんだけど、内容的にはラブコメ要素を含んだ冒険活劇でこれまた昔の自分なら読んでたかも?って印象でした。なんか3×3EYESを彷彿するようなところもね。だからちょっと面白かった。

っていうことはつまり、おれがオヤジだからか。

認めたくはないものだな。自分自身の老いゆえの作品否定というものを。

30過ぎてもガンプラだのラジコンだのと25年前から同じことを言っているからすっかり若い気でいたのでしょう。でも、もうお前はオヤジだよと宣告された気分です。ピーターパンじゃないんだよと。

見てみろ、その薄くなった髪を
その水をはじかなくなっった肌を
その減ったボキャブラリーを
その持久力のない体力を
その打算と安定を望む考えを
人間の3大欲求、「食欲」「睡眠欲」「性欲」の中で「睡眠欲」が勝る欲望を

なんか若さという壁に弾かれた気持ちになりました。

やっぱ「ビックコミックオリジナル」が肌に合うや。





日記 | 2007-10-10(Wed) 02:21:47 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

F1GP第16戦中国GP決勝

ライコネン優勝!ハミルトン痛恨のミス!そしてベッテル!

ガンダムに引き続いて録画にミスし、テレビを見たのは仕事から帰った12:30。丁度ラルフがスピンしてたあたりから。

スタートからウエットが予想されていたので、波乱に期待していたのに、レース以外のところで波乱になってしまいました。

でもやっぱこういうレース展開は面白いですね。ウエットからドライに変わっていく中、各チームタイヤ交換の時期に迷っていました。作戦のうまくいったドライバーとそうでないドライバーとの命運がくっきり。そんななか餌食になったのが、スーパールーキーのハミルトンだからびっくり。ずるずるのレインタイヤでピットに入る途中にサンドトラップにはまり、16戦目にして初のリタイヤ。最年少ワールドチャンピオン&ルーキーチャンピオンの夢が消えてしまいました。
失うものがないライコネンが見事優勝して100ポイントとしハミルトンとのポイント差が7にチーム離脱が決定的なアロンソも2位。いぜんハミルトン優勢ですが、3人が最終戦でチャンピオンを争うのは自分がF1を見出す前の年である1986年以来。86年といえばベルガーがベネトンで初優勝した年ですよね。でもってベルガーといえばトロ・ロッソ。トロ・ロッソといえばベッテルですよ!(こじつけ)
日本グランプリの失態は、大方ハミルトンに批判があるものの、ベッテルが悪くないわけではないし、失ったものも大きいハズ。しかも今回も予選でペナルティーで5位降格で下位からのレースになったものの、驚きの4位フィニッシュ。やはり只者ではないです。これで彼の評価がうなぎのぼりなのは間違いありません。近い将来トップチームで活躍する姿が見られることでしょう。
ついでに同じく日本GPでペナルティをくらい、チーム初ポイントをのがしたリウィツィも6位フィニッシュでトロ・ロッソには最高の中国GPになりました。

ホンダのバトンも5位とポイントをゲットしてまずまず。来期アロンソが抜けた後釜にバトンが移籍なんて話もあるけど、それが実現したら琢磨のホンダ復帰!なんてなれば万々歳なんですけどね。そんな琢磨はトラブルを抱えながらの走りで14位完走。しかし、ホンダとトロ・ロッソにポイントを抜かれてしまいました。今のチーム力じゃ最終戦でポイントを取るのは難しいと思われますし、来期のカスタマーシャーシ構想が白紙になればチーム存続も危ぶまれます。どうなることでしょう

F1 | 2007-10-08(Mon) 02:35:30 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

ガンダム00第1話「ソレスタルビーイング」

いよいよ始まりました新しいガンダムシリーズ。キャラクターの名前やモビルスーツのデザインにがっかりしていたのですが、作品を見ずして批判しても始まらないので、じっくりと作品を楽しもうじゃないか!

って思っていたのもつかの間。ワンセグの録画予約をミスり、あえなく撃沈。そんなわけでまったく見ていません。
家では録画に成功したようなので、出張から帰ったら見たいと思います。でも来週は見るぞ!


10月14日追記

ハハルさんのおかげでギャオで配信されている第一話を見ることができました。

で、早速感想。
思ってた以上に見れる作品でした。
リアルタイムに見るガンダムって86年ZZの後、種運命だったってくらいだから、第1話しかみれない現状って懐かしいかも。VだのGだのXだのWだのターンAなど知らない自分ですが、こんなもんじゃない?って思えました。
どうしてもファーストのなごりのあるOVAなんかと比べてしまうと、「違う感」が消えないのですが、サンライズロボットアニメ全盛期だってストーリの把握なんてリアルタイムでは追えなかったし。当時ビデオなんて高級品だったからあとから続けて見ることもできず再放送を期待するって時代だったから、このくらいの展開なら大丈夫。カールさんは伊達じゃない。

ええ、確かに内容はさっぱりわからなかったですが、最近見たボトムズなんかよりよっぽどマシです。かといってボトムズのように名作になれないとは思いますが。ボトムズは設定と演出がうまかった。種系もキャラクターや設定は良かったと思うけど、演出が下手だった。このOOがどちらに転ぶかはこれからの楽しみにしたいと思います。

自分のようにおじさんが楽しめるガンダムというと最近ではイグルーだったし、ああいう系になってしまうと思うんですよね。でも、ガンダムってアニメのターゲットは子供たちでしょ?結果としておじさんたちがガンダムのネームバリューに惹かれて見ちゃうけど。そう考えると、ターゲットとなる世代にいかに認められるかが重要だと思います。俺たち相手に新作ガンダムをつくってもダメ。八方美人な作品にすると、どの世代からも受け入れられないから。平成仮面ライダーシリーズが一定の評価を得ているように、親父たちからの脱却を図ったほうがいいです。メインターゲットに評価を得てついでの親父たちからも褒められる作品であればいいですね。

最近「涼宮ハルヒの憂鬱」を読んでクソも面白くないと感じたから、ジェネレーションギャップに理解した(させたれた)カールさんの感想でした。

ガンダム00 | 2007-10-08(Mon) 02:13:47 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

スコープドッグ⑤

20071006.jpg

20071006121606.jpg

また二日かかりで腕まで。一応肩を解きパテで精度の悪い鋳造っぽくしました。
腕の組み立ても楽しいです。肩の引き出し機構もいいですね。

ボトムズ | 2007-10-06(Sat) 12:21:21 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

スコープドッグ④

20071004.jpg

20071004123031.jpg

二日間でこれだけしか進んでない…
スコープ部はガンダムマーカーのメッキシルバーでイイカンジ。でも写真じゃわからんなぁ~

ボトムズ | 2007-10-04(Thu) 12:32:13 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

DF-02プラズマエッジ

年末に登場予定のプラズマエッジのカラー写真がUPされていました。
header_58399.jpg

アメリカではグラベルハウンド2という名前で出る通り、グラベルハウンドのカラバリに過ぎません。なんでいまさら?
過去にも同一ボディで名前を変えて登場したRCはありました。
ワーゲンオフローダー、ブラックフット、スコーチャー、コンカラー、ベアホーク、グラスホッパー2などなど。でも、それらはシャーシが変わったり、コンセプトが変わったり、ウイングが変わったりとそれなりにアップデートされていたわけですが、今回は単なるカラバリ。ツーリングカーじゃないんだからそれはナイデショ、タミヤさん。
別にグラベルハウンド買って塗装しなおしたって一緒です。
DF-02の安くて組み立てやすく、フラットダートが得意っていうコンセプトはいいと思うんですけど、そのまま出されてもねぇ

RC オフ車+タムギア+総合 | 2007-10-03(Wed) 12:27:11 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

スコープドッグ③

今日から函館に来ています。帰るのは3週間後。F1の最終戦も終わった次の日です。
今回はレオパレスじゃなくってホテルなので、いろいろ制約があります。レオパレスになれるとホテルが不便に感じますね。部屋が毎日きれいなのはありがたいけど。

それでもスコープドッグはつくります。
20071002.jpg

組み立てながら細かい部分の塗装するっていうのはスケールモデルと同様の流れです。作業は時間がかかりますがたまにはいいかな。
使うと思われる塗料は持ってきているし、なかったら現地調達します。メインの塗装が終わっているから、エアブラシがなくても平気です。


ボトムズ | 2007-10-02(Tue) 00:32:38 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

F1GP第15戦日本GP決勝

ベッテル!ベッテル!ベッテル!

いや~いろんなことがありすぎた日本GPですが、これに尽きます。
雨の中SC先導ではじまったレースですが、いきなりトロ・ロッソが3位を走行!こういう波乱があるからウエットレースは楽しいんです。やってるほうはたまんないだろうけど。
レースも終盤、アロンソのリタイヤのおかげで再びSCが入りました。そのときハミルトン・ウエバー・ベッテルの順。体調は吐くほど悪いウエバーですが、走りは絶好調。ベッテルも奇跡の表彰台にむけてSCカーが入るのを待つだけの状態で事件が起きた。
ベッテルがウエバーのマシンに突っ込んで両者リタイヤ!
信じられない光景です。トロ・ロッソの親チームであるレッドブルの、しかも優勝も狙えたウエバーをSCが走っている状態でぶつけるなんて前代未聞です。しかもベッテルはシーズン途中から参戦した上に、チームはポイントをとる事が出来ない弱小チーム。マクラーレンがピットに入っている間トップも走る活躍をしていたベッテル。3位表彰台が狙えたんですよ。それなのに!

ベッテルにしたら一生後悔しそうなくらいショッキングな出来事ですよね。いや~ほんとやっちゃった。
20歳にして才能を遺憾なく発揮したけど、とんでもない目立ち方をしてしまいました。
おまけに8位で初ポイントを取ったリウィッツィがペナルティで9位降格。スパイカーにポイントが入るなどトロ・ロッソには踏んだりけったり。泣きっ面に蜂。


レースはハミルトンが逃げ切って優勝し、ワールドチャンピオンに王手をかけた。
アロンソはハイドロでスピンしてリタイア。
フェラーリはタイヤ指定の連絡を受けず最後尾から追い上げたものの、ライコネンが3位、クピサと激しいバトルをしたマッサが6位。でもこれでチャンピオンの可能性がなくなりました。
2位のコバライネンは初表彰台。GP2のライバルハミルトンを追い回すほどではなかったけど頑張ったのではないでしょうか?

一方日本勢ですが、
トヨタもホンダもSAFもぼろぼろ。バトンの接触は仕方がないとはいえ、表彰台も狙えただけに残念。バリチェロにいたってはポイント目前でピットイン。ピットに入るくらいならリタイヤしてでも走り続けてほしかった。デビットソンもリタイヤ。琢磨はテールエンダー爆走。左近は自己最高位だったのでそれだけは良かったかも。

ほんと今年は行かなくてよかった。
シャトルバスも混んでひどかったようだし、スタンドに一部はレースが見えなかったからって返金。ボロボロなレースでしたね。

F1 | 2007-10-01(Mon) 23:05:12 | トラックバック:(1) | コメント:(2)

Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。