スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

おかえり、フォーサイト

5年ぶりくらいにフォーサイトが戻ってきました。

20090511.jpg
98年に買ったんで、もう11年目です。でも走行距離がまだ8千キロ。買った1年目に4千キロを走ったんで、それ以降はほとんど走ってません。

95年にVツインマグナに憧れてバイクの免許をとったものの、兄が当時乗っていたバリオスを借りて走っていたらクラッチで左手が攣りそうになることが多かった(免許取立てで乗り方がヘタすぎたから)ので諦めました。慣れてきたらスタートと回転数が合わなかったときくらいしかクラッチつかわないですよね。そんなこともあって当時、マジェスティで流行りだしたビックスクーターに目をつけました。当然ホンダ党の自分がヤマハに手を出すわけもなく、フュージョンの後継(といってものちにリバイバルされたが)のフォーサイトが97年に発売さると「これしかない!」と決めました。98年はホンダ創立50周年といこともあり、ホンダを愛する自分としては98年にホンダ車を買うと決めていたのですが車の新車は経済的にきつかったので、98年の4月、雪が残る中フォーサイトを買いました。(97年型ですが)
自分の中ではホンダ50周年の象徴として刻まれたのです。
時代はビッグスクーターが大ヒット。スズキもスカイウェイブを投入。ツーリングに出かけるとおじ様方から人気でよく声をかけられました。いままで借りて乗っていたバリオスが奏でるインラインフォーに比べるとエンジン音がガサツでパワーも加速感もおとりますが、ライディングしやすく、トランクが大きくて便利でウィンカーキャンセルも良かったです。車好きなのでどうしても車の方がプライオリティが高かったですが、バイクでしか味わえない楽しさは大きいです。MTで官能的なVTECのインテグラ(DC2)でスポーツを味わい、フォーサイトはCVTでコンフォートな雰囲気を味わうという、普通の人と真逆なチョイスをするという天邪鬼さはカールさんらしいです。
しかし、フォーサイトを所有しての満足感は長くは続きませんでした。
フォーサイトを買った翌年、1999年の東京モーターショーに参考出品された1台のバイクに目の前のフォーサイトが霞んでしまったのです。
NSS250、市販車名フォルツァです。
当時マジェスティもスカイウェイブもフォーサイトもフォーマルなビッグスクーターでしたが、フォルツァは「ニュースタイリッシュスポーツ」をキーワードに開発したもので、左右独立型のデュアルヘッドライトや、リアのエア・インテークなどスポーティなデザインは自分の琴線をおおきくかき鳴らすには十分すぎます。フォルツァの写真を見るたびにくやしさにのたうちまわるほど。
1世代で消滅したフォーサイトと違い、フォルツァは2007年に3代目が登場する人気を誇ています。今この記事を書いていてもフォルツァにたいするコンプレックスが再発してきます。
もう今となってはあたらしくバイクを買い換えることはできないので壊れるまでフォーサイトに乗るのでしょうが、フォルツァを見るたび羨ましく思います。

使用頻度が減ったフォーサイトは2004年に東京に転勤した兄に貸すことになりました。結局兄も東京でほとんど乗っていなかったのでほぼ放置していた状態でしたが、この春再び北海道に戻ってくることになり、持ち主であるカールさんのもとに帰ってきたのでした。
子供はまったくフォーサイトのことを覚えておらず、感激してフォーサイトの後ろに座ってました。
スポンサーサイト


| 2009-05-11(Mon) 21:33:28 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
「おかえり」とはそういうことでしたか!
子供さんも大層喜ばれたでしょうね~うんうん。
2ケツの際はお気をつけて下さい。

二輪は良いものですばい。
車の方が明かに便利なんだけど。
あの体を張って走ってる感と、ちょっとギリギリな感じがたまらんです。

ぢつは僕もマグナに乗りたくて、免許を取ったクチ。

僕はスクーターなら、Fusionに乗りたいですね。
あの四角いフォルムがたまらんです。
2009-05-12 火  00:36:01 |  URL | 魚肉 #- [編集]
魚肉様>
コメントありがとうございます。
バイクの二人乗りの年齢制限ってありそうでないんですよね。でもまあ、近所を走るくらいしか乗せません。
バイクは車と違って乗るまでに時間がかかります。服装やらヘルメットやら保護カバーやら。しかもバイクに乗れるのは4月後半から11月上旬くらい。でもバイクって楽しいですね。常用ではなく趣味で乗ってるからかもしれませんが。

フュージョンは再販されるくらい人気がありましたね。でも自分が免許とった時代はモデル末期の古臭いバイクにしか見えませんでした。でも新しいバイクが洗練されていけばいくほどフュージョンの魅力が出てきたと思います。
2009-05-12 火  22:29:44 |  URL | カール #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。