スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2009 第7戦 トルコGP決勝

バトン4連勝で6勝目

ベッテルのポールポジションから始まったトルコGP。波乱は1週目。スタートで3番手スタートのバリチェロがエンジンストールしかかって大きく順位を落とした。ポールから好スタートしたベッテルもターン10で姿勢を見出しコースオフ。すぐにもどれたもののバトンに抜かれ2位に落ちた。労せずしてトップのポジションを獲得したバトンは自信「最高のマシンだった」というコメント通りそのまま優勝し、7戦6勝。4連勝で次戦イギリスでの母国グランプリに望む。
レッドブルは3ストップ作戦だったが、ウェバーが途中で戦略を変え2ストップとなったが、これが成功してベッテルのポジションを奪って2位。ベッテルは第2スティントで燃料搭載量の違いからバトンの背後にせまるというパフォーマンスを見せたが6ポイント獲得にとどまった。4位はモナコの悪夢から目覚めたトヨタのトゥルーリ。5位には好スタートを決めたロズベルグ。6位にトルコにつよいマッサ、7位は前年大活躍したクピサがようやく今シーズン初入賞。8位にはグロッグが入った。

今シーズン最高の走りと戦略で、ポイント圏内を走っていたが、最後のピットストップでクルーのミスにより大きく順位を落とす残念な結果となった。
スタートで順位を大きく落としたバリチェロは、接触などもあり順位を上げられないばかりかギアボックスの不調の為リタイヤすることとなってしまった。
スポンサーサイト


F1 | 2009-06-08(Mon) 20:10:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。