スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2009 第10戦 ハンガリーGP決勝

ハミルトン復活の優勝!

予選でのマッサのショッキングなクラッシュがあり、アロンソがPPを取るという予想外の展開。その後マッサは快方に向かっているということなので一安心。はやく元気な姿でパドックに戻ってきてもらいたい。

レースはPPからスタートしたアロンソが1回目のピットストップのあと、フロントタイヤの装着ミスによりタイヤがはずれるというアクシデント。表彰台を逃したあげく、次戦の欠場ペナルティ(結論は未定だが)となった。スタートダッシュを決めて2位のポジションにいたハミルトンはその後悠然とトップを快走し、いままでの不振が嘘のような力強いパフォーマンスで今期初優勝を遂げた。予選2位のベッテルはスタートでライコネンと接触し、その後ペースが上がらずリタイヤという最悪な結果となった。同僚のウェバーもライコネンに追いつくことができず、ライコネン2位、ウェバーが3位という表彰台のメンバーだ。
4位はウィリアムズのロズベルグ。5位にはコバライネン。6位にはグロッグ。7位にポイントリーダーのバトンがかろうじてポイントを取った。8位のトゥルーリ、9位中嶋、10位バリチェロと僅差でのバトルが続いたが、ハンガロリンクでは抜くのは至難。
バトンにとってライバルのベッテルがノーポイントに終わったのはありがたかったが、逆にウェバーがドライバーズランキング2位に浮上し、バトンとのポイント差を縮めた。競争力の落ちたブラウンだが、コンスタントに表彰台前後にいれば最終戦までリードが保てるのだろうが、マクラーレンとフェラーリの復調を考えるとかなり厳しい状態に陥ってしまったようだ。資金力の乏しいブラウンが自力でのアップデートが困難であれば、マクラーレンとフェラーリが去年のような強さで終盤表彰台を独占してくれれば、レッドブルの二人には追いつかれないかもしれない。

次戦は約1ヶ月ごのスペインでのヨーロッパGPだが、ルノーの問題やマッサの代役など気になる要素がたくさんだ。また、BMWの撤退発表もあり今まで以上に来年の動きが活発にでてくることも予想される
スポンサーサイト


F1 | 2009-07-30(Thu) 02:15:36 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。