スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2009 第13戦 イタリアGP決勝

バリチェロ2勝目!バトン久々2位 ブラウン1-2

フィジケラがフェラーリに移籍という喜ばしいニュースで始まったイタリアGP。そのフィジケラが在籍していたフォースインディアも予選2位、フィジケラの変わりにシートを獲得したリウィツィも7位と好調をキープ。ポールはハミルトンが取り、ブラウン勢も1ピット戦略ながら5位6位と久々に好位置につけた。
スタートはPPのハミルトンが好スタート。3位のライコネンが予想通りスーティルを交わして2位に上がった。中団ではウェバーとクビサの接触があった以外は大きなクラッシュもなく隊列をなした。
ハミルトンは軽い燃料で飛ばしていくものの4位バリチェロに対して大きなアドバンテージをつけることが出来ず、ピットストップ後ハミルトンの前にでたバリチェロ・バトンはハミルトンに十分なマージンをかせぎ1-2フィニッシュ。3位走行のハミルトンは必死にバトンを追いかけるが、なんと最終ラップにミスってクラッシュ。貴重な表彰台を逃す結果となった。終始スーティルにぴったりと後ろにつかれていたライコネンがKERSの特性を活かし押さえ続け、ハミルトンのリタイヤによって地元での表彰台を獲得した。スーティルも大健闘の4位。ブラウンがここで復活していなければ表彰台確実のパフォーマンスをみせた。5位には戦略どおりのパフォーマンスをみせたアロンソ。6位は1週目に順位をおとしたコバライネン。7位はハイドフェルド。8位はマシンバランスに苦しんだベッテルが入賞した。
待望のフェラーリのシートを手にしたフィジケラはなれないマシンにてこずり9位と入賞を逃す。
トヨタの2台のバトルはハラハラして変な因縁でもうまれているのではと思ったが、レース後の二人のコメントをみると全然そんな感じではなくって安心した。
バリチェロは今シーズン2勝目でバトンとのポイントを2ポイント縮めた。レッドブルが落ちたおかげでコンストラクターズもドライバーズタイトルもブラウンが取りそうだ。
スポンサーサイト


F1 | 2009-09-14(Mon) 20:38:41 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。