スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2009 第16戦 ブラジルGP決勝

バトンのワールドチャンピオン決定!

コンストラクターとWチャンピオン

ウェバーが2勝目



予選では大雨が降り、混沌と化したスターティンググリッドとなった。チャンピオン争いの3人にもその影響がでて、一番後がないベッテルはQ1敗退、ポイントランキングトップのバトンがQ2敗退、そして地元バリチェロが逆転に向けて最高のPPをとった。
毎年荒れるブラジルのスタートだが、今年も大荒れのスタートとなった。ポールのバリチェロとウェバーはポジションをキープしたが、5番スタートのライコネンがスーティルを交わして3番手に浮上。しかし2位のウェバーと軽い接触をしてライコネンのフロントウイングが壊れた。ペースを落としたライコネンを交わしにかかったスーティルとトゥルーリが接触はじき出されたスーティルのマシンがさらにアロンソを巻き込んだ。さらにコバライネンもベッテルとぶつかりピットへ向かう。しかしコバライネンが給油ホースをつけたままピットアウトしたため漏れたガソリンが後ろにいたライコネンにかかり一瞬炎上した。ライコネンはダメージを受けずにすんだのが幸いだった。SCカーが入り6周目にレースが再開。混乱の中ポジションを上げたクビサがロズベルグを交わして3番手に浮上。ポイント圏内では急きょ参戦した小林と中嶋、バトンにベッテルと激しいバトルを繰り広げている。小林ははじめてのF1レースはじめてのコースという状態の中チャンピオンを争うバトンといいバトルをしていたのがすごい。
第2スティンとに入るとバリチェロが3位に後退。ウェバーがトップに立ちリードを広げる。バリチェロは混戦のポジションにもぐり込んでしまいペースがあげられない。一時2位を走行していた小林がピットを出るとすでにピットストップを終えていた中嶋の前に出た。タイヤが温まるまえの小林に中嶋が接触。久々の日本人2名となたGPでまさかの日本人同士の接触により中嶋のマシンはコースの外にはじきとばされクラッシュし、レースを終える。小林はその後も走り切り10位(コバライネンのペナルティにより9位に浮上)と健闘した結果を残し、来季のシートへアピールすることができた。
第3スティントとなるとウェバーの勝利はほぼ確定。追われることもないなか安定したペースでファーステストラップを更新していく。予選18番手から追い上げたハミルトンは1ストップ作戦をとり他者が2回目のピットのため順位を下げる中4番手まで浮上。チャンピオン争いのバリチェロを猛追する。ペースの上がらないバリチェロにハミルトンが襲いかかりバリチェロは4番手に後退。ッテルがバトンの前にでて5番手。バトンが6位だ。このままレースが終わってもバトンのチャンピオンは確定だが、バリチェロには不運にもパンクチャーを起こして緊急ピットイン。8番手に順位を落とした。
レースは不安された雨も降らずウェバーが圧倒的な速さで優勝。2位にはクビサ。3位にハミルトンと戦略的にうまくいった2名が表彰台の脇をかためた。4位のベッテルも予選順位を考えたら満足のいく結果だろう。予選で雨さえふらなければ優勝したかもしれないが、それがレースだ。そしていよいよ新しいワールドチャンピオンがゴールのチェッカー(負傷欠場中のマッサがフラッガーだ)を受ける。歓喜のなか雄たけびをあげてバトンがゴール。苦しいシーズンを過ごしてきたバトンは生まれ変わったチームで序盤から圧倒的な速さを見せ、中盤の失速はあったが見事31人目となる59代ワールドチャンピオンとなった。
以下の入賞者は6位にはライコネン、7位はブエミ、8位にバリチェロとなった。


自分にとって応戦しているドライバーがチャンピオンを獲ったのは観戦してから22年間で初めての経験だ。一方で観戦歴5年のカミさんだが、犬にまでその名前をつけたドライバーがチャンピオンになったのだから自分以上に喜んでいることだろう。うちの犬も「F1ドライバーの名前」から「F1チャンピオンの名前」に昇格となった。
若干気持ちに引っかかりがあるのだが、その一つが「HONDA」でなかったこと。ブラウンGPの序盤の圧倒的な強さはホンダが開発したマシンであることに疑いをはさむ余地はないだろう。昨年の世界的不況がなければ「HONDA」のチャンピオンとなっていたと思う。もちろんブラウンがチャンピオンエンジンであるメルセデスを獲得できたことの方が重要なファクターであるのも正しい見方だと思う。
もうひとつはバトンが中盤・終盤で1勝もしていないこと。プロ野球でもシーズン序盤で活躍した選手よりも終盤から伸びてきた選手のほうが印象に残るように、序盤で貯金を稼ぐより、終盤の連勝でチャンピオンを獲った方がメディア的にはうけがいい。F1を良く知るものなら、1年を通じてポイントを積み重ね、シーズン最多勝も獲得したバトンがチャンピオンにふさわしいと思ってくれているだろう。

やったぜバトン!
スポンサーサイト


F1 | 2009-10-19(Mon) 23:16:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。