スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2011第2戦マレーシアGP

ベッテル優勝

可夢偉8位も7位昇格


雨が降るかと思われたマレーシだが、ポツポツを雨粒が落ちることはあったが、路面が完全にウエットになることはなかった。
予選上位5台は前戦と同じというメンツでスタートしたが、ルノーのハイドフェルドが大きくジャンプアップする見事なスタートを決めた。
優勝は2戦連続でベッテルが連続ポールトゥウィンを決めた。
2位はタイヤの摩耗がレースの明暗をわけたマクラーレンのバトン、3位にルノーのハイドフェルドが表彰台を占めた。
4位にスタートで出遅れたウェバー。5位にピットでフロントタイヤのトラブルで時間を要したマッサ、6位にハミルトンにぶつかりフロントウイングを痛めたアロンソの2台のフェラーリがつけた。
7位は再三シューマッハとバトルした可夢偉がハミルトンのペナルティにより、悔しい開幕戦のポイントを取り戻した。8位は7回のピットストップとゴール後の20秒加算ペナルティを受けた踏んだり蹴ったりのハミルトン。
9位に抜かれ役のシューマッハ。10位にフォースインディアのルーキーディ・レスタが見事入賞を果たした。

スポンサーサイト


F1 | 2011-04-11(Mon) 23:12:43 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。