FC2ブログ

「私の17歳」というバトンが回ってきたぞ

風花さんからまわってきたバトンです。こういうバトンがきたのは初めてなので、ちょっとドキドキですが、やってみます。

【Q1】17歳の時、何をしていた?
自分が17歳って浅田真央ちゃんが生まれた年か?
高2の三学期と高3かあ。その頃はガンダムからちょっと離れて戦車とかF1をたくさんつくっていましたね。あ、ベルガーがまだマクラーレンにいた頃だ。セナが人気で目の上のたんこぶみたいで嫌いでしたね。そのころ応援していたオリックスも万年3位だったころかな?ティーンズ文庫(?)っていうのもけっこう読んでたかも。自分はARIELとかパトレーバーとかベルゼルガ物語とか買っていて、友達からスレイヤーズとかロードス島戦記とか借りて読んだり、ドラゴンマガジンを買ってたり。漫画はまだジャンプを買っていてシティーハンターを単行本で買っていました。また、スピリッツの伝染るんですや、今でも愛読しているビックコミックオリジナルを買うきっかけのMASTERキートンにハマっていたころでしょうか。

【Q2】17歳の時、何を考えてた?
絵が上手かったら漫画を描きたかったし、文章が書ければ小説を書きたかったし、とにかく自分の死後も名前の残るような生きていた証をのこしたい気持ちでした。でも、どちらも才能がなかったので、非生産的な消費者でしたね。あと、身長がぜんぜん伸びなくって。チビだから背がのびたらいいなって考えてました。

【Q3】17歳のイベントといえば?
スキー以外の運動は最低以上普通以下くらいのレベルだったので、部活で活躍したなどのイベントはなく、異性関係もからっきしで特にトピックスとなるイベントはなかったような。でも、友達には恵まれて楽しい学園生活を送っていた気がします。高3って修学旅行も終わってるし、受験とか何やらのプレッシャーとかあったんでしょうね。あ、17歳の後半に受験があったんだ。四大に落ちて短大の二次募集で受験して合格したのが18歳になる前日だったかな?あと、もう自動車教習所に行って念願の車を運転していたけど、誕生日来るまで仮免受けれなくって歯痒かったです。

【Q4】17歳でやり残したことは?
高校時代に彼女が欲しかった。あと、17歳という中途半端な年齢より、早く18歳になって車を運転したかった。勉強はやりのこしているけど、頑張って四大に受かったとしても給料のいい会社に勤めて入れたとはおもえないなあ。ヒガミか?

【Q5】17歳に戻れたら何をする?
単純に17歳に戻っても人間や知識が変わるわけがないので何もかわらないよね?今の知識で91/92年に戻ったら、死んだじいちゃんや友達の顔見たら泣くだろうなぁ。勉強もついていけないし、堂々とタバコ吸えないのもつらいし、なにより車が運転できないのが不便だ。いまさらチャリのれったって通学だけで筋肉痛だよきっと。過去に戻れないから現在を生きていけるんだし、人生ってあると思うし。なんて…キャラでもないこというもんじゃないな。どうせなら20歳くらいがいいや。一生ハタチ。気力も体力も充実してた。


【Q6】17歳に戻っていただきたい5人
すいません、次の人には回しません。受けはするけど送らない人です。
スポンサーサイト





日記 | 2006-01-28(Sat) 01:58:30 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
おー、お答え頂きありがとうございます^^
私も初めてのバトンで、ドッキドキでした。

高校生の頃はガンダムから離れてたんですね、なんか驚きです。
同級生にプラモ友達はいましたか?
私は今同様、アニメ・漫画大好きだったんですが、学生の頃は同志がいなくて寂しい思いをしたものです^^;
2006-01-28 土  18:27:09 |  URL | 風花 #- [編集]
風花様>
コメントありがとうございます。
過去の管理人の趣味の履歴を参照してもらえばわかると思いますが、ガンダムは高1のときの0080からMGがでるまでほとんど作ってないです。もちろん年に1,2個は作っていたような気もしますが、ガンダムからは離れていましたね。0083系も一個もかってなかったし。
高校時代はプラモ作る友達は一人しかいませんでした。同じミリタリーモデラーでしたね。ドイツ軍派の友人とロシア派の自分と別れていました。
またバトンが回ってきましたらお答えいたしますので(回しはしませんが)お誘いください。
2006-01-29 日  01:08:10 |  URL | カール #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!