FC2ブログ

超合金魂ザブングルの追記3

電撃ホビーを久々にかいました。やっぱ内地は発売早いですね。札幌は電撃ホビーやベストカーの発売は27日です。
まあ、それはさておき、今回は表紙を見て「もう買うしかない!」って思いましてね。ザブングルが模型誌の表紙に載ってるなんて何年ぶり?

まあ、記事は真ん中の116ページからなんですけど、超合金魂のザブングルを模型的処理をしたいわたとしお氏の作例から始まります。さすがにプロの作例なのでここで素人はコメントしません。
で、120ページに実際のキットがのっています。今回自宅じゃないので(今日はモール郡山のおとなり)スキャナで画像を取り込みできないのが残念です。
で、キットですがネジが丸見えなのは、このシリーズではしかたないのでそこはあえてつっこみません。でも、なんかバランス悪いかな~って思う。もちろんこの合体変形ギミックは手放しでほめられるんですが、股関節が貧弱にみえる。肩のモールドがプラモ版に見慣れているせいで違和感あり。すねが隙間ありすぎて後ろが見える。これは中にフレームが入っていてそれが見えるんなら逆にアリなんだけど、太ももを格納する関係上しょうがないんですかね。上からカバーつけたら隠せそうなもんだけど。
でも、この下半身のブングルローバーはすごいですよ。トレーラー状態にするためのシャッターもついてるし、WMのときにそのシャッターを腰にぶらさげているところもWMらしくて好感が持てます。もちろんコックピットの処理も考えられてます。
ブングルスキーパーはそれこそ昔の超合金でもそれなりに変形させていたので、今の技術をつかえばこのくらいはできるかなっておもいます。(当事者の苦労もしらずにいってますが)

オプションの多さも予想はしていたけどさすがですね。同スケールのホバギーもうれしいですが、特筆はスキーのいたですね。当時のスキー学習のときにザブングルごっこをやったのを思い出しました。

そして驚きはそれだけじゃない。おまけ扱いのブラッカリィの完成度の高さ。肩の関節なんか絶対動かないだろうっと思っていたのに、みごと動きます。これ、おまけの粋をこえてますね。これメインで買う人もすくなからずいるでしょう。見事とした言いようがないです。
次のページにさくらいのぶゆき氏による改造作例がのっています。桜井氏も次はウォーカーギャリアとドランを希望するってかいてあるけど、これって民意ですよね。ザブングル好きな人ならザブングルにブラッカリィなら当然ギャリアにドランって考えます。ぜひだしてもらいたいですね。しかもブラッカリィの箱がみごとに1/144シリーズの流れを汲んでいる、まさに心の琴線に触れまくりアイテムです。このボックスアートは誰が書いたんでしょうね。旧シリーズの石橋謙一さんてたしか……

電撃の特集の後半はギャリアとガバメント。そして最後に再販キットの紹介です。バンダイにしては珍しく価格があがっています。ガンプラが当時の値段のままなのに150円だったギャッロップ系は3点セットで840円。400円だったのは630円、500円は840円、600円は1050円、700円は1260円と定価にあわせてアップ額も変わっています。ザブングル、プロメウス、ガバメントあたりは前に再販されたのがリサイクルショップなどで見かけるから、そっちで買ったほうがやすいかも。旧150円シリーズは、さすがに単体では厳しいとあって三個セット。当時クラブがなかなか立たなくて接着剤で固定した記憶があるけど、今の目でみたらどうなのか、気になります。あ、うちに作ってない1/100のクラブがあるんだよな。
1/100は名キットのダッカー、ガバメント、ガラパゴスあたりを再販してほしかった。っていうか1/100はMM並にリアルで、驚くような可動を実現していたので、ぜひとももう一度つくりたいです。ほんとMMのエッチングパーツがそのまま使えるくらいスケールモデルチックだった。

ザブングル、ブラッカリィがかっこよくなって、周りがこれだと同列に並べたくないような気もします。やっぱりHG化をのぞみますが、いまさら誰もかわないんだろうな。商売としては成立しないですね。よく言ってるんだけどせめてMGでギャリアを出してほしい。
スポンサーサイト



その他のプラモなど | 2005-08-26(Fri) 00:44:56 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!