FC2ブログ

F1GP第1戦オーストラリアGP決勝

ライコネン余裕の優勝!・琢磨は12位

新しくなったチームカラー、新鮮なドライバーの顔ぶれと新世代を感じさせる今年のF1GPですが、テレビ中継がはじまってぶっ飛びました。

なんだこのオープニングは!
リンカーン?
変なアメコミ調のドライバーたち…
アホか

永井と山田優のコンビがいなくなりましたね。それはよかったかも。

レースはスタートからハイドフェルドがいいスタート。マクラーレンのルーキー、ルイス・ハミルトンもアロンソをかわしてジャプアップ。
やるな、ルーキー。
なにかやらかさないかと心配だった琢磨もいいスタートを決めてくれました。同僚のアンソニー・デビットソンはスタートミス。一気に最後尾に落ちた挙句、スパイカーと接触。
ハミルトンやコバライネンのルーキーコンビがいろいろと見せ場を作るなか、ライコネンは磐石の走りで快走。
ハイドフェルドがピット戦略で順位を落とす中、ハミルトンがチャンピオンアロンソを抑えて2位を走行。残念ながら2回目のピットインでアロンソにかわされてしまったけど、ルーキーで3位表彰台は見事。初の黒人ドライバーで注目を浴びる中でのこの結果は、流石があのロン・デニスの秘蔵子だけはあります。

琢磨もピットストップのタイミングの悪さで順位を落としてしまったり、レース中のペースがなかなかあがらない中12位で完走してくれました。実質本番でのシェイクダウンだったのに2台とも完走したのはよかったです。これから他チームが競争力をあげてくると弱小チームにはつらくなりますが、頑張ってほしいです。

その点、本家のホンダときたら…
もっと頑張れよ!


スポンサーサイト





F1 | 2007-03-18(Sun) 15:55:08 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!