スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP第10戦ヨーロッパGP決勝

大波乱のレース!アロンソ優勝

開幕から連続表彰台にあがっていたハミルトンがマシントラブルから予選でクラッシュし、波乱の幕開けとなりました。

ライコネンがポール、アロンソ2位からのスタートでしたが、ニュルブルクリンクの天気が急転。ものすごい雨になりました。
そんな中トップに立ったのはなんとなんとスパイカー!唯一レインタイヤをはいていたビンケルホックです!地元ドイツのルーキーです。どうみても周回遅れ寸前にしかみえませんでした。

さらに雨脚が強まり1コーナーがとんでもないことに!バトンからはじまって数台の車が次から次へとグラベルにつかまっていきます。そのなかにはハミルトンの姿も。しかしレースが赤旗になったおかげでハミルトンは復帰。でもこのルーキーはとことんついてなかった。結局コンディションに振り回されて連続表彰台どころか連続ポイントも途切れてしまいました。

レースが再開されてからはマッサがトップを走っていて、このまま優勝かと思われたけど、最後の雨でアロンソにかわされてしまいました。抜かれて悔しい上に、レース終了後アロンソに文句を言われて激しく怒っていましたね。アロンソが最後に謝っていました。

琢磨とライコネンはマシントラブルでリタイア。ライコネンはニュルと本当相性悪いですね。

波乱のレースになるとレッドブルやウイリアムズがでてきますね。ウェバーが3位、ブルツが4位、5位にクルサード。BMW、ルノーのセカンドグループがその後ろに続きました。

こういう波乱のレースでもホンダは目が出ずバリチェロは11位、SAFのデビッドソンは12位でした。

次戦は昨年ホンダが優勝したハンガリー。また水沢で見ることになりましたね。でも今年のホンダが優勝するのは夢のまた夢です。
スポンサーサイト


F1 | 2007-07-23(Mon) 17:26:06 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。