スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2008 第6戦 モナコGP 決勝

スーティル涙!ライコネンがカマを掘る

雨のモナコほど危険なものはない!大波乱のモナコGP!!
フォースインディアのエイドリアン・スーティルは予選18番手から4位にジャンプアップして、自身最高位は確実。フォースインディアが今シーズンこれからもこの順位でゴールするどころかポイントをてとれるかどうかもわからないのに…
ロズベルグのクラッシュによりSCが入り、後方のライコネンとの差がなかったものの、2時間ルールが適用されるまであとわずか。人生最良の瞬間が訪れるハズだったのに!ライコネンがヌーベルシケインでマシンの挙動を見出し衝突。スーティルはピットに戻り涙を流して、クルーに慰められていた。
ライコネンは謝罪したものの、下位チームにとってこの4位という成績を逃すというのがどれだけのことかを考えると…
さらにスーティルにとって、泣きっ面に蜂の事態が発覚。
イエローフラッグが振られていたレース13周目にスーティルが3台のマシンをオーバーテイクしたとして、FIAが公式にスーティルに警告したのだ。
つまりライコネンがぶつかってこなくても、レース後ペナルティでポイント剥奪だった可能性もあるし、カナダで予選グリット降格のペナルティがあるかも(これはあまり効果がないがw)。
今月初めには、過去に所有していたコンピューターを持っているある人物から1万ユーロ(約160万円)をゆすり取られそうになっていたことが発覚と、今月のスーティルはことごとくツキがなかったですね。



混乱を制したハミルトン、クピサが堅実な走りで2位。ポールのマッサが3位とタイヤ交換が明暗を分けた。気がつけば必ずポイント圏内にいる4位ウェバー、5位ベッテル、6位久々の入賞となる我らがホンダのバリチェロ、7位に日本人として初のモナコ入賞の中嶋、8位ピットスタートから追い上げたコバライネンという結果。


次回6月8日は、F1観戦として最悪なカナダGP。深夜1時55分から最大延長4時までの生放送。次の日(当日)の仕事に響きますね~
スポンサーサイト


F1 | 2008-05-26(Mon) 23:19:36 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
自分もカールさんほどのファンでは無いのですが,モナコGPはF1マシンが普通の街を走る違和感が好きで眠たい目をこすりつつ見てましたが・・・確かにあのカマ掘りは「ヲイヲイ!そりゃ無いでしょ!」って感じでしたね~。

ま,雨の降ったモナコならではと言った感じですかね。コースも狭いし,タイヤズルズルいってるのが見てて正直怖かったです。
2008-05-28 水  00:37:27 |  URL | J-PEI #toirDz0o [編集]
J-PEI様>
コメントありがとうございます。
雨のモナコといえば96年のリジェ・無限の優勝。完走7台のうちチェッカーを受けたのが4台という大波乱を連想して、ホンダの活躍を期待したのですが…
観ていてハラハラドキドキですが、やってるほうはたまったもんじゃないですよね。
今回のライコネンは空回りしすぎてました。なにも相手がスーティルじゃなくてもね~
2008-05-28 水  20:13:58 |  URL | カール #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。