スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

F1GP2008 第9戦 イギリスGP決勝

ハミルトン母国で優勝! バリチェロ移籍後初表彰台

またも雨。今年は雨のレースが多いですね~
その分波乱があって見ている方は楽しいのですが、やっている方はたまったもんじゃないですね。

コバライネンとウェバーという新鮮なフロントローだったが、母国のハミルトンが予選4番手からいいスタートを切り2位に上がった。ライコネンもウェバーをかわした。せっかくフロントローを獲得したウェバーはスピン、マッサもスピンで大きく順位を落とした。
中段でもクルサードとベッテルがスピンしてコースオフ。予想通り波乱の幕をあけた。ハミルトンはコバライネンのミスをついてトップにでると、2位以下を大きく離していく。ライコネンもコバライネンのスピンによって2位に順位をあげる。

1回目のタイヤ交換でマクラーレンとフェラーリの明暗が分かれる。通常通りタイヤと給油をしたマクラーレンに対して、フェラーリは路面の回復を予想してタイヤを変えなかった。しかし、天気は雨が強くなり、フェラーリはみるみる順位を落としていく。そこで浮上してのがハイドフェルドとクビサのBMW。しかし3位に上がったクビサも雨で足をとられポイントを逃してしまった。

一方ホンダとウイリアムズは雨脚が強くなったところでエクストリームウェットを使用するが、見事にペースが上がった。ホンダにしては珍しく作戦が成功することに。バトンはスピンしてリタイヤするも、バリチェロが2番手まで浮上。再びタイヤを交換した為ハイドフェルドに先行されるものの、しっかり3位をキープした。

残り10周で4番手以降のアロンソを中心とした争いが白熱。ライコネンがまずアロンソをかわして4番手に。つづいて.コバライネンがバトルを挑むが粘るアロンソだがついに残り3周で敗れる。そして中嶋一貴が迫るが、タイヤがすでに限界。前のアロンソどころか後方から トゥルーリ迫る。ファイナルラップまでつづいたバトルはアロンソが6番手を守り、中嶋はトゥルーリに敗れたが8位と入賞圏内でチェッカーを受けた。

スポンサーサイト


F1 | 2008-07-08(Tue) 00:00:03 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。