FC2ブログ

F1日本グランプリ観戦記(土曜日編)

ただいま!札幌!
いや~やっぱり寒いね、こっちは。日に焼けて腕がひりひりするのとは対照的な気候に、思わず今期初の暖房をいれました。
毎日10キロ以上歩いていたので、足は痛いわ重い荷物で肩は痛いわでくたくたです。
で、ちょっと落ち着いたので観戦記を書いてみます。まあ、レースの内容はみなさんよ~~~く知っていると思いますし、レース中は写真も撮っていないので割愛します。

金曜の夜に名古屋に入り、土曜の朝にいざ鈴鹿へ向かいました。
今年で観戦2回目なので、昨年の反省を活かし名古屋から平田町へいき、そこから徒歩でサーキットに向かいます。片道3.5キロくらいでしょうか、緩やかな登り道で結構つかれますが、車やバスなどは渋滞にはまる為、徒歩の方が結果的に楽という結論でしたので。
雨が降っていましたが、人ごみの中傘をさすのは他の人に迷惑がかかるので、ダイソーで買ったカッパをきました。サーキットいったら結構傘さしてる人いるんですよね。はっきり言って邪魔です!しずくがぼたぼたかかるし、傘の先が体に刺さるしブースは見えないしで最悪です。みなさんカッパにしましょう!!

自分のいた場所はシケインをおりてきた最終コーナーでした。眺めはこんな感じです。
IMGP2079.jpg
IMGP2080.jpg


さて予選ですが、雨は予選前にほとんどやんで、このまま雨がふらなければ後半の出走組がかなり有利になるとおもわれました。出走は5台ずつ順番に走っていくのですが、最初の1組、一番手のクルサードのタイムをみんななかなか抜けない。モンテイロやトゥルーリがスピンでコースオフするなど波乱含みでした。そして2組目の5台目走り終える頃にぽつぽつと雨が!3組目の1番目は琢磨。5分間のインターバルがながくながく感じました。早く走れ、走ってくれ!うまく雨も小粒な中、場内実況も観客も待ち望んでいた琢磨のアタックがはじまり、みごと1番手。どっと感性が沸きました。しかし。すぐに抜かれ、ラルフが1位で最終組がスタート、でも急に雨脚が強まり、一気にハードウエットな状況になりました。最終組トップのフィジケラはまだぎりぎりコース状況がマシだったため、3番手でしたが、そのあとはボロボロ。シューマッハもアロンソもタイムがあがらず。ライコネンは安全策で流すだけの走り。モントーヤはトラブルにより最終コーナーでスローダウン、そのままピットへ。ということでまさかまさかのトヨタのラルフがポールポジションを獲得、バトンが2位と日本勢がフロントローを独占。琢磨も5番手で観客のボルテージも雨に負けないくらいイッキにMAXです。いや~最高の予選でした。

そのあと、最終コーナー裏にある建物で日本GPの歴史展がやっていて、過去の名車がずらり。そのなかでもチョー感動だったのは自分の愛するるゲルハルド・ベルガーのF187が見れたことです!87年の鈴鹿で優勝したフェラーリ弱小時代のマシン。88年には改良型でホンダの16連勝を結果的に阻止した、当時ホンダよりフェラーリファンだった自分の、もっとも好きなF1マシンですよ。それが目の前に!!
IMGP2090.jpg
ホントいい土曜日だ。
そのあとはいろいろショップをみたりインテグラレースの予選を見たりしていたんですが、雨がぜんぜんやまなくって、ズボンから靴からずぶ濡れで歩くのがつらくなってきました。しかしそんな天気が不意にいい結果をもたらしました。まず、グランドスタンドに侵入できたこと。

IMGP2100.jpg
生表彰台です。明日もしかしたらここに琢磨が……なんて期待もしていました。
IMGP2112.jpg
琢磨の5番グリットもチェック。

遊園地の方の屋内施設ではアシモ君のイベントがありました。カワイイすよ、彼(?)。日頃ガンダム、ガンダムと言ってる自分ですが、生の二足歩行ロボットに感動です!階段だって上り下り。手をふると振り返してくれます!
IMGP2114.jpg
アシモ大地に立つ!

あと、写真は間に合わなかったけど、トヨタのブースで生の右京、脇坂、永井を見ました。イベント終了後すぐ横を3人が通り過ぎ、日頃「永井ウザイ」っていっているカミさんもワーキャーいってます(オイ!)

土曜はいろんな意味で雨が活躍した一日でした。
スポンサーサイト



F1 | 2005-10-10(Mon) 22:04:52 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © カールのBALLADEな日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!